救仁郷さんのあやしげな世界 : Compliance : 特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(通称:外来生物法): E 繁殖の原則禁止 inserted by FC2 system


『外来生物法』E 繁殖の原則禁止
◇ 繁殖の原則禁止 ◇
     
 愛玩用の継続飼養は一代限りとされているようです。
 簡単に言うと研究用・教育用以外では繁殖させてはイケナイと言うことです。   


 動物では可能かも知れませんが、植物で可能でしょうか?
 上がって来た花茎を切除する事により種子繁殖は抑制できます。
 葉挿し・根伏せなどの人工的増殖もしなければ良いだけです。
 
 でも植物には勝手に増殖する現象があります。
 いわゆる株別れです。
 
 株別れは栽培者がコントロール出来るわけもありません。
 そこで管理人は平成28年の12月に環境省に問い合わせました。
 「株別れは繁殖制限の例外と考えていいのか」
 
 帰ってきた返事はこれです(意訳してます)
 「外来生物法は繁殖制限を規定していません。新たな個体の飼養を禁じていることが結果として繁殖制限と言われているだけです。」
 「本問い合わせについては、新たな個体の飼養は禁じらていますが、自然繁殖してしまったことについては禁じられていません。」
 「結論として新たな個体は飼養できません。株別れしたら新たな方を処分して下さい。」
 
 区別付くかいそんなもの!
 
 
inserted by FC2 system