救仁郷さんのあやしげな世界 : Utricularia uliginosa : U. uliginosa : U.ウリギノーサ : ムラサキミミカキグサ  inserted by FC2 system


ムラサキミミカキグサ (  U. uliginosa  )

学  名: Utricularia uliginosa
命 名 等: *****
和 名 等: ムラサキミミカキグサ /U.ウリギノーサ
分  布: 日本:日本全国 /東南アジア
栽 培 法: 半陸生種
栽培難度: ★☆☆☆☆
増 殖 法: 播種・葉挿し・株分け
特記事項: *****


 あやしいコラム
◇ 和名の由来と栽培 ◇
 
 耐寒性の高いミミカキグサの仲間で北海道を含む日本全域に分布します。
 
 花はミミカキグサより小さいが、その名のとおり日本人好みの暗紫色の花を8〜10月にかけて咲かせ、果実が耳掻きに似た形状になる。 


 ワシら古くから食虫植物に興味を持ったオッサン達は現在の学名 U.uliginosa よりも旧学名 U.yakusimensis のほうが馴染んでたりする。

 栽培的には一年草で、多分非常に神経を使い栽培している人は皆無であろうが、栽培条件を変えてみると色々な姿を見せてくれる。 もちろん私の場合も実験的に栽培条件を変えたワケではなく、勝手にアッチコッチの鉢に飛び火した結果ではある。
 基本はピート主体の混合用土に植えて深めの腰水、全日照で良い。
 
 (1) 通風
 衣装ケースなどの深めのケースに入れると花茎が長くなり易く、かつ1本の花茎に複数の花が同時に開花することが多い。
 これは共存植物等を植え込んだ鉢でも同様で、花茎が他の植物に絡むと長くなる。
 花茎が揺れると伸びづらいのだろうか。
 
 (2) 日照
 全日照の湿地に生えているので、日照を好むかと思っていたがやや遮光した環境の方が葉が充実した株が出来る。
 特に発芽初期には葉やけしていじけることが多い。
 なお低日照過ぎると通風なしと同様に花茎が長くなるが、これは徒長によるものでやや弱々しい花茎になる。
 また、色付きも悪くなり白花の様に為ってしまうこともある。
 アントシアニンの形成に日照が係わっていると思われる。
 
 (3) 温度。
 外国産のムラサキミミカキグサを手に入れたことはないので判りませんが、こと日本産に限っては、加温しても株のまま冬越しさせにくい。
 また種子には軽い休眠性がある様で、低温に曝さないと発芽率が若干低下する様だ。
 この性質がムラサキミミカキグサが他のミミカキより北まで分布させている理由だろう。
Utricularia uliginosa
◇ 白花変異品種 ◇
 
 ムラサキミミカキグサには白花変異品種があり、和名・学名が付けられています。 
  
 学名 : Utricularia uliginosa Vahl f. albida 
 命名者: (Makino) Komiya et C.Shibata 
 和名 : シロバナミミカキグサ 
 別名 : シロバナムラサキミミカキグサ 
  
 形状は通常のムラサキミミカキグサと変わりがありませんが、葉や茎にもまったく色が載らず鮮やかな緑であり、ムラサキミミカキグサと同一の日照条件で栽培しても色づかないので発色機構が欠けているのだと思われます。 
 次代にもその形質が伝わる事からして遺伝的色素欠乏であることは間違いありません。


 基本種と比べるとやや対暑性に欠け、種子の稔りも少ない傾向があります。 
 結構見つかると聞いているのですが、ここ東海地方はムラサキミミカキグサ自体が少なくシロバナを自生地で見たことがありません。 
 是非見てみたいモノです。 
  
 現在の栽培品は平成15年頃も前に「緑の小包社」から入手したので産地は不明。  
  
 アルビノと呼ばれることもありますが、学術的に正確に言うと 
 ・動物のアルビノ=>メラミン色素欠損
 ・植物のアルビノ=>葉緑素欠損  
 でありますので不正解。 
 でも一般的には白化生物はアルビノと呼称される(用語として間違っていますが)ことが多いので大目に見てください。 
  
 にしても植物の場合、完全な葉緑素欠損育ちませんので園芸的には全く無意味な存在となって仕舞う。 
 斑入り植物をアルビノと呼んでいいのだろうか?
Utricularia uliginosa


救仁郷さんのあやしげな世界
inserted by FC2 system